セカンドパートナー、30代40代50代での作り方をそれぞれ解説!50代でもできるセカンドパートナーの見つけ方。

みんな、今日もいい出会いしてるかしら?
出会いマスターのナナです。

配偶者とは別に肉体関係を持たない相手と恋愛をする、新しい男女の関係として話題になっているのが「セカンドパートナー」。

セカンドパートナーがいることで精神的余裕ができて家庭円満にもなると、セカンドパートナーを欲しがる人も最近増えてきているわ。

特に結婚してある程度時間がたった30代、40代、50代の人達がセカンドパートナーを欲しがる傾向にあるんだけど、「セカンドパートナーの作り方がわからない!」と相談されることも多いのよ。

そこで今回は、特に需要の多い30代40代50代のセカンドパートナーの作り方を世代別に紹介していくわね。

新しい出会いを探すならこちら(R18)

そもそもセカンドパートナーとは何のこと?


誤解していると大変だから、念のためもう一度セカンドパートナーとは何かをおさらいしておくわね。
(※詳細を知りたい人は、過去記事を読んでみてね。
セカンドパートナーとは何?言葉の意味と浮気・不倫の違いを解説!
セカンドパートナーはキスしたらダメ?セカンドパートナーの定義とは。

セカンドパートナーの定義を簡単にまとめると、

  • 結婚している人が配偶者以外の異性と親密になること、またその相手のこと。
  • 相手に恋愛感情を抱いている
  • 配偶者に言えない話や悩みを言うことができる
  • 配偶者とはできないようなデートを楽しめる
  • 肉体関係は持たない(セックスなし)
  • 手を繋ぐ、ハグなどのスキンシップはあり

という感じかしらね。

「肉体関係を持たない」というのがセカンドパートナーの最大の特徴。

セックスをする関係だと浮気や不倫と同じになってしまうから、法的に裁かれたり慰謝料を請求されるリスクがあるのよね。

リスクを最小限におさえて、楽しさやトキメキを感じながら精神的なよりどころを手に入れられるのがセカンドパートナーなの。

30代・40代・50代のセカンドパートナーの作り方を世代別に解説!


セカンドパートナーを作ろうとする人は最近増えてきているけど、セカンドパートナーという特殊な関係をどうやって作ればいいか作り方が分からない、という人も多いみたいね。

特に世代によってセカンドパートナーと出会える場所や作り方は違ってくるから、自分の年齢によって見つけ方も変わってくるわ。

なのでここからは、30代・40代・50代のそれぞれの世代ごとにセカンドパートナーのおすすめの作り方を紹介していくから、是非参考にしてみてね。

30代のセカンドパートナーの作り方


セカンドパートナーという存在を欲しいと思う最初の時期が30代。

セカンドパートナーは配偶者との関係や家庭の中で孤独を感じることで必要になる存在だから、結婚してすぐではなくてある程度年月が経った頃に欲しくなるもの。

最近では結婚する年齢が遅くなっていて20代後半や30代で結婚するのは普通だから、セカンドパートナーを欲しいと思い始めるのは早い人で30代から、という傾向になっているわ。

 

昔と違って今の30代はまだまだ若者。
好奇心も体力も有り余っていて見た目も若くてきれい。

ある程度仕事ができるようになっているからお金もあるし、色んな事を吸収してきたから新しい事を楽しむ余裕もある。

そんな楽しいことしかない時期に、配偶者に構われずにデートすることもときめくこともない、家庭での役割をこなすだけの毎日を送るなんてもったいない。

そう思ってプラトニックでもときめくことができる相手や、いろんな事を話したり遊んだりする相手が欲しいと考えてしまうことは仕方がない事とも言えるわ。

事実、30代でセカンドパートナーを欲しがっている人はかなり多いのよ。

 

そんな30代のセカンドパートナーの作り方としては、色んな方法があるわ。

飲み屋やバーで出会う、同窓会や元カノ・元カレ、職場や旅先など、行動範囲が広い30代ならどこででも候補になる人は見つかるはず。

だけど、これらの場所で見つけようとすると、運まかせになったり、すごく時間がかかったり、周囲にバレやすいなどのデメリットがついてまわるのも事実。

仕事や家事、育児もバリバリこなさないといけない30代は、セカンドパートナー探しに時間も手間もかけていられないだろうから、同じ目的の人が多く集まっている出会い系サイトを利用するのがおすすめ。

 

出会い系サイトの中でも特に検索機能が充実していて登録者数も多いのがPCMAX (R18)

セカンドパートナーを作るならPCMAX (R18)が断然おすすめよ。

PCMAXの無料会員登録はこちら(R18)

40代のセカンドパートナーの作り方


実を言うと、いま40代が一番セカンドパートナーを欲しがっている人が多い世代なの。

少し前は20代で結婚していた人が多いから、その人達が結婚して10年以上たって夫婦の関係は空気のようになってしまっている、というパターンね。

結婚して10年以上経過していると子供もそろそろ手がかからなくなってきて、そうなるとつい自分の存在意義を考えてしまう。

子供に使っていた時間とエネルギーが余って手持ち無沙汰だけど、配偶者とはもはや男女の関係とは言えない…。

 

一昔前は40代と言えばもう恋愛をするのもおかしい、完全なるオジサン・オバサンと言われていたけれど、今の40代はそうじゃない。

見た目も若いし体力もあるし、使えるお金も充分にある。

そんな状態で楽しい事もときめく事もなく時間だけが過ぎていくのはむなしい、と思ってしまうのは当然よね。

だから40代でセカンドパートナーを探そうと考える人が増えているようね。

 

そんな40代がセカンドパートナーを探す場としてよく利用されているのは、元カレ・元カノ、同窓会、職場、習い事あたり。

どの作り方でも相手の人となりが分かっているから安心は安心だけど、上手く動かないとセカンドパートナーを探していることがすぐに周囲にバレてしまうというリスクもあるわ。

 

家庭も仕事もきっちり守りたい40代におすすめなのは、出会い系サイトを利用するという作り方。

匿名でできるから周囲にバレる心配もないし、プロフィールや掲示板などでセカンドパートナーを欲しがっている人を見つけやすいなどのメリットがあるの。

出会い系サイトの中でも安全かつ検索機能も充実していて、登録者数も多くておすすめなのがPCMAX (R18)

40代でセカンドパートナーを作るなら、まずはPCMAX (R18)に登録してみるのがおすすめよ。

PCMAXの無料会員登録はこちら(R18)

50代のセカンドパートナーの作り方


ここにきて急増しているのが、セカンドパートナーを欲しいという50代。

「熟年離婚」という言葉がすっかり定着したように、50代以上になると夫婦の間にはもう男女の意識はなく、惰性で一緒にいるという事も少なくないものね。

50代ともなると子育ては終了しているから時間もあり余っているし、家庭内の生活リズムもすっかり分かって落ち着いているから、良くも悪くもマンネリ状態。

だけど最近の50代はまだまだ体力も好奇心もあるから、「この先ずっと同じ生活が続くなんて考えただけでもゾッとする」という人もけっこう多いのよね。

 

「そんなマンネリな毎日を変えたいけど、離婚をするほどではない」「少しだけときめくことができて、楽しい時間を過ごせればいい」と考える、安定志向の50代が求めるのがセカンドパートナー。

だからここ最近は50代でセカンドパートナーを探している人が増えているの。

 

50代のセカンドパートナーの作り方で多いのは、習い事、同窓会、ボランティア活動、職場などで探す方法があるけれど、どれも探している過程で周囲に漏れやすいし、そこから家族や職場にバレるという大きなリスクがある。

頑張ってここまで築いてきた安定した生活を全て失うことになりかねないから、50代はできるだけ周囲にバレにくい方法でセカンドパートナーを探すのがおすすめ。

 

そこで私がおすすめしたいのが出会い系サイトを利用する方法。

出会い系サイトは危ないという人もいるけど、今の出会い系サイトは安全性も高くなって使いやすくなっているから、多くの人が出会いを求めて気軽に登録しているの。

出会い系サイトだったら匿名で利用できるから周囲にバレることもないし、同じようにセカンドパートナーを欲しがっている人も多くいるから、比較的簡単にセカンドパートナーを作ることができるのよ。

 

出会い系サイトの中でも私の一番のおすすめはPCMAX (R18)

安全性が高くてサポートもしっかりしている、老舗の優良出会い系サイトなの。

シンプルな画面で見やすくて使いやすいのに細かく検索ができる点もポイントが高いわ。

だからセカンドパートナーを作るならPCMAX (R18)が断然おすすめ。

無料で簡単に登録できるから、試しに一度セカンドパートナー候補たちを見てみてね。

PCMAXの無料会員登録はこちら(R18)

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

関連記事

出会いがあるバイト5選!出会い目的ならこのバイトを選べ!

出会いには運も必要!出会いの運気を上げる4つの方法

セカンドパートナー募集はどこでする?おすすめの作り方とその5つのメリットを徹底解...

セカンドパートナーは慰謝料&離婚の理由になる?法律的にどうなっているのか調べてみ...

セカンドパートナーとは何?言葉の意味と浮気・不倫との違いを解説!意外なメリットで...

セカンドパートナーは気持ち悪い?!プラトニックだからこそ逆に傷つく価値観の違いと...

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。