葬儀屋さんも出会いが欲しい!異性との出会いに成功するコツをご紹介!【出会い体験談&エピソード】

みんな、今日もいい出会いしてるかしら?
出会いマスターのナナです。

誰かとお付き合いをするなら、相手が自分の好みのタイプであるに越したことはないわよね。
でも、普通に過ごしていたら好みのタイプの人に出会える確率はそんなに高くないもの。

理想の相手との出会いを成功させるためには、戦略をたてて実行あるのみ!
見事に自分の好みの相手との出会いに上手くいった先輩たちの体験談・エピソードを参考に、あなたも理想の相手との出会いを成功させちゃいましょう!

今回は、葬儀屋さんをしながら異性との出会いに成功した方の体験談・エピソードをお届けするわね。

葬儀屋をしながら異性との出会いに成功するコツ!体験談&エピソードから学ぶ出会いの秘訣

1)あなたの当時の職業、性別、出会った当時の年齢、当時未婚か既婚だったか、を教えてください。

葬儀を専門に扱う葬儀専門会社に勤めてる男性です。当時の年齢は34歳。未婚です。

2)なぜ当時出会いを求めていたのですか?

30歳を過ぎ、葬儀屋の仕事に没頭している傍らそろそろ結婚し過程を築いていける相手に出逢いたいと思っていました。

兄弟や地元の友人の多くが結婚していくなか、自分だけが結婚も恋愛さえも厳かにしていたので、さすがに本腰いれないとまずいと感じていました。

3)葬儀屋ならではの出会いを見つけにくいデメリットにはどんな事がありますか?

葬儀屋というのは時間の拘束が長い業種だと思います。お通夜は夜からですし、いつ仕事が入って来るか全く分からないため、急な仕事に対応せざるをえません。

そうすると休日がスライドすることも頻繁ですし、休日の予定を組むことが出来ません。

また、業界上、出会うのは同僚か、取引先である生花業者、返礼品、料理業者となりますが、就業している方々の年齢層が非常に高く、既婚者か離婚者が多いため、若い人間同士の出会いが非常に少ない印象があります。

また冬場と夏場は繁忙期でありとても忙しく、昨今では死亡者数が増加していますので年間を通しても多忙な職種だと思います。

4)葬儀屋をしている人が出会いを探すためには、どこに行けばいいですか?葬儀屋さんが出会いを見つけるためのおすすめの方法は?

新入社員などの若い同僚と出会いを求めるか、若しくは生花会社の方に合コンを依頼して機会を作るか、もしくは休日をしっかりと取得してお見合いパーティーや町コンに参加する、趣味やサークルに所属することだと思います。

葬儀業界、関連会社の多くは社内恋愛の割合が高いです。私が所属していた葬儀会社でも社内恋愛カップルが多くいて、ほとんどのカップルが結婚しました。

また、葬儀屋は狭い業界なので、取引先との合コンもチャンスがあります。

結局忙しくなってしまうと先述したお見合いパーティーや町コンへの参加も厳かになってしまうので、社内若しくは取引先内での出会いが一般的だと思います。

5)当時葬儀屋をしていたあなたが異性との出会いを探すためにどんな事をしたか、具体的に教えてください。

はじめは社内恋愛だけはしたくないと思い、現場先の取引先さんから女性を紹介してもらえないか?食事会をしませんか?と声掛けをしていました。

その代わり、こちら側からも女性スタッフを何名かを連れていきますので。といった感じです。そして何度か複数のメンバーで食事会をした後、メールアドレスを交換し2人で食事に誘い、次第にデートすることになりました。

彼女は仕出し料理会社の営業兼、配膳の仕事をしている方でした。付き合うまでには至りませんでした。

そして結果付き合うようになったのは、新入社員で入社した女性です。年齢は10歳年下でしたが、彼女が入社して1年半後、たまたま複数人で食事会をしようということになり、意気投合してから私から強烈なアプローチをかけて付き合うことになりました。

社内恋愛ということもあり、ナーバスなことなのであまりがっつくことなく、少しずつ社内で声をかけ話をするようにしました。

6)その相手との出会いの後、仲良くなるためにどんな事をしましたか?葬儀屋をしている人が異性と仲良くなるために注意すべき事は何ですか?

とにかく交際を許してくれるまでアプローチし続けました。手紙は何通も書いて彼女のロッカーに入れて想いを伝えました。相手が疲れている時は差し入れを買って届けました。

一番力を込めたのは、職場の先輩でしたので自分のこれまでの仕事や経験をアドバイスするために、1冊のノートにぎっしりと文字を書き込みアドバイスブックをプレゼントしました。

手が腱鞘炎になるまで必死で作り、3日間で1冊の本を完成させました。

当初は若干引かれていた部分もあったと思いますが、相手がどう思うかよりもとにかく好きな気持ちを伝え続けました。

伝え方が間違っていればただのストーカー・嫌がらせになると思いますが、伝え方が誠実であれば相手は悪い気持ちになりません。いつか届けばよいと思っていましたが。

また葬儀業界は人の死に関わる仕事なので他業界の方にはまだまだブラックなイメージがあり、正直もてません。理解を示してくれる人は少ないとおもいます。

そのため、社会に必要とされていて、遺族を支える責任感ある仕事であることをしっかり伝える必要があります。市場が潤っている業界で安定していることもアピールの1つになると思います。

7)相手と出会い仲良くなった後、どういう関係になりましたか?

正式にお付き合いすることになりました。今でも交際を続けていて、将来の結婚も考えている間柄です。

経緯としては何か月かデートを重ね、最初は私の一方的な片思いではありましたが、10歳年上で頼れることや、一緒にいて安心できるといったことが相手に伝わり、交際を認めてくれました。

また彼女が入社して間もない期間は全く会話もなく、交流もありませんでしたが、同じ職場ですので、双方の存在はもちろん知っていますし、連絡先も業務用ですが知っている。

連絡は取れるし、相手の仕事ぶりも分かっているので恋愛に発展するのが楽だと思います。そういった環境もあり、時間をかけずに自然と恋愛関係になったと思います。

8)葬儀屋をしていながら異性との出会いを求めている人に向けて、その他の出会えるコツや心がけを教えてください。

葬儀業界は特殊な業界です。人の死に関わる仕事ですし、朝から夜まで不規則に長時間拘束される可能性の高い仕事です。

社内恋愛・関連会社との恋愛に拒否感が無い場合には、そういった近い関係の方と恋愛しても良いと思います。その場合は職場関係でより良い人間関係を築いて下さい。

職場内では不倫や淫らな男女関係の噂をよく聞きます。そういった話が流れてしまうと退職を余儀なくされたり、周囲の声を気にしてストレスを感じながら仕事を続けていくことになります。

正しく清潔な行いをしている上での社内恋愛であれば社長や同僚も逆に応援してくれますし、相手が常に近くいて安心できると思いますので、社内での行い、仕事をより一層着実に行われることをおすすめします。

ナナ

ナナ
ナナから出会いのためのアドバイス!

葬儀屋さんが普通に生活しつつ異性と出会って恋愛や結婚にまで発展させるなんて、かなり難しいことよね。

不規則な仕事だからしょっちゅう合コンなどに参加することもなかなかできないだろうし、上手く出会えたとしても暗いイメージがあるから上手くいく確率もそう高くはないはず。

それでも葬儀屋をしながら出会いのチャンスを増やしたい!という人には出会いサイトへの登録がおすすめよ。

今では出会いサイトを気軽に利用している人がどんどん増えていて、恋愛・結婚に至ったカップルもたくさんいるの。

出会いサイトなら最初に相手の顔やそれ以外のプロフィールをチェックできるし、自分の職業も公開できるわ。

それでアプローチしてくる相手がいるなら、すでに仕事については了解済みなはずだから、話がとても早いわよね。

不規則な毎日でも空き時間を使って、効率よく異性との出会いを探すことができるわよ♪

素敵な出会いを見つけるために無料登録してみる!(18禁)

関連記事

カメラ女子との出会いに成功するコツをご紹介!【出会い体験談&エピソード】

図書館での出会いに成功するコツをご紹介!【出会い体験談&エピソード】

スタバでの出会いに成功するコツをご紹介!【出会い体験談&エピソード】

検察官の男性との出会いに成功するコツをご紹介!【出会い体験談&エピソード】

バスケットボール男子との出会いに成功するコツをご紹介!【出会い体験談&エピソード...

レンタルオフィスでの出会いに成功するコツをご紹介!【出会い体験談&エピソード】

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。